イートインスペース28席設置の病院内店舗「セーブオン新小山市民病院店」オープン!

2016.01.04

2015年12月18日(金)、新小山市民病院内にセーブオン新小山市民病院店をオープンいたしました。
病院内の需要の高い衛生医療品を充実させています。

イートインスペース28席設置の病院内店舗「セーブオン新小山市民病院店」オープン!

■セーブオン新小山市民病院店の特徴
  • ①新小山市民病院1F(小山市大字神鳥谷2251番地1)、入退院玄関奥に出店します。
    軽食とインストアベーカリーを販売します。
    ゆっくりくつろげる28席のイートインスペースにより、院内の患者さん、職員さんへの憩いの場所として提供いたします。
  • ②おむすび、弁当、飲み物、雑誌など通常のセーブオンと同様の品揃えに加え、病院内での需要の高い衛生医療品を品揃えしています。
    衛生医療品売場を4ゴンドラ(約100アイテム)の品揃え、見舞い用のプリザーブドフラワーも取り揃えて、患者さんや見舞客への利便性も高めています。
    営業時間 :平日7時~20時、土日祝日11時~20時(軽食も同じ営業時間になります)
■新小山市民病院
  • 新小山市民病院(総合病院)が栃木県小山市若木町から小山市神鳥谷へ移転。
    2016年1月から小山市神鳥谷の場所で開院(1月4日(月)~外来開始)。

▼ 企業情報

企業情報